水素水 市販 濃度

MENU

市販の水素水の濃度はホント?試薬で測ってみました!

 

超高濃度水素水の「アキュエラ水素水7.0ppm」を買うと「水素濃度測定試薬」が同梱されてきて、これを使うと水素がどのくらい入っているのかを確認することができます。

 

 

以前は一番身近な「水道水」で実験したのですが、今回は「市販されている水素水」の水素濃度を測ってみたいと思います。

 

パッケージに書かれている水素濃度と一致するのか楽しみですね!


この水素水の濃度を測ります!

市販の水素水

 

今回使用する水素水がコチラ(↑)になります。マ○モトキ○シで買ってきました。

 

パッケージに書かれている水素濃度はと言うと…「0.8〜1.2ppm」で高濃度水素としては一般的な水素濃度になっています。

 

水素濃度の確認

 

では早速!この商品の水素濃度を試薬で確認して、この値と比べてみたいと思います。


水素濃度の測定結果は!?

測定する手順は水道水のときと同じで…専用の容器に濃度を測定したい水素水を入れて、そこに試薬を1滴ずつ入れていくだけです。

 

測定方法

 

この試薬は「1滴で約0.1ppmの水素と反応」して、反応すると色が透明になります。つまり色が変わらなくなったとき(青色のまま)が、その水素水の水素濃度ということ。

 

例えば、「5滴目で青色のままになった → 水素濃度は0.5ppm」という感じ。

 

青色のままになるまで

 

で、今回買ってきた水素水に色が変わらなくなるまで試薬を入れ続けたところ…12滴目を入れた時点で透明にならずに青色のままとなりました。

 

濃度確定

 

この結果、マ○モトキ○シで買ってきた水素水は「水素濃度 → 約1.2ppm」ということが分かったわけです!

市販でも表示通りの水素濃度!

実験結果

 

今回実験した商品の水素濃度はパッケージに「0.8〜1.2ppm」」と表示されていたので、結果は見事に一致しました。

 

つまり!市販の水素水の水素濃度は本当だということ!!

 

水素はとても漏れやすいみたいなので「もしかしたら」と思っていたりもしたのですが、これなら安心できますね。

 

水素の漏れ

 

ただ、市販の水素水が全部こういう結果になるのかどうかは分かりません(汗)今回だけたまたま良かった可能性もあります。

 

水素水の1番の懸念材料は「水素の漏れ」なので、商品選び際は十分に注意するようにしましょう!

 

自分で作る!超高濃度水素水「アキュエラ水素水」の口コミ体験談はこちら


Kirala